BLOG

社長ブログ

君の名はセブンイレブン

2016.09.12

 最近自分で驚いたことがあります。それは普段何気に飲んでいるコーヒーについてです。私が最近一番よく飲むのがコンビニのコーヒで、大体1日に6~10杯ぐらいは飲みます。味音痴で単なる習慣でコーヒーを飲んでいるため、どこでコーヒーを買おうが同じだと思っていたのですが、いつの間にかセブンイレブンのコーヒー以外で買うことはなくなりました。
 それまでは大手3社のコンビニに味の違いがあるなんて思ったこともないので(所詮コンビニの商品という意味で)、いつの間にか自分がセブンイレブンのコーヒだけを選んで飲んでいることに気づいたときはとても驚きました。 別にセブンイレブンのコーヒーを意識して選んでいたわけでなく、会社の近くにあるコンビニがたまたまセブンイレブンだっただけです。 それがいつの間にかセブンイレブンのコーヒー以外は飲まなくなっていたのです。 「何故だろう?」と思って思い返してみて初めて味が違うことがわかりました。 気づいてからも「本当かな?」と思い何度か試したのですが、改めてやはりセブンイレブンのコーヒーが抜群に美味しいですね。 私的にはドトールやスターバックスよりも美味しいと感じます(人それぞれですが)。 理由としては、コーヒーの利益がメインの専門店より、本業のコンビニエンスの「集客商品」「クロスセル商品」としての位置付けているセブンイレブンの方が「良い豆」を仕入れているのでは?と勘ぐっていますが、どうでしょう?あまりたいした味覚を持っていないので正誤はわかりませんが(笑)
 あらためて、ブランドや広告、販促も大切ですが、商品力の重要さに気づかされました。やはり商売は「ど真ん中」に商品の魅力、「圧倒的な価値」が存在がしないとダメだなと。

※セブンイレブンのコーヒーは16年2月時点で20億杯(15年度は8.5億杯)、売り上げは930億円とのこと。 スターバックスが株式公開した12年度の売り上げは、スターバックス店舗全体で1113億円なので、3年でスタバの売り上げに追いついたことになります(^^)。すごいですね。


カテゴリー: 未分類  
Our SERVICE

サービス紹介

工務店のWEB集客なら、制作から運用まで一括で承ります。

HP FreeDiagnosis

ホームページ無料診断