Googleからのお届け物

皆さまこんばんは。

 

本日はGoogleから届け物がありました。

 

今回は写真を交えながらGoogleから何が届いたのか見ていこうと思います。

 

まず、届いた荷物の外箱がこちら

 

横に置いてある鉛筆を見るとサイズ感がお伝えできるかと思いますが、中に何が入っているかとても気になるくらいに大きな箱です。

 

Game On と書かれた帯が付いていますね。

 

中身を開いてみると入っていたのがこちら。

 

帽子と、メモ帳と・・・色々と入っています。

 

すべて出してみた写真がこちら

 

 

・帽子

・メモ帳

・鉛筆

・吹き戻し(!?)

 

4種類のグッズが入っていました。

 

メモ帳、鉛筆などは一般的な配布物として見たことがありますが、帽子と吹き戻しも一緒に届くとは思いもしませんでした。

ただの届け物では終わらないのがGoogleのイメージ通りですね。

 

 

なぜGoogleからこのような届け物があったかというと、弊社はGoogle Partnersに参加しており、箱の帯に書いてあるGoogleの主催する企画「Game On」に関連して今回の届け物があった、ということでした。

 

以上、ご報告でした。


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


フリー素材で活躍する「あの人たち」について パート2

こんにちは。チタンの鈴木です。

 

先日、実家の猫に会ってきました。

 

 

元々野良猫で喧嘩をしたのか、傷だらけで家の前を歩いていたのを保護しました。

 

この敵意に満ちた鋭い眼光がたまらなくカッコいいですね。

 

最高にクールです。

 

 

 

 

さて、本題に行きましょう。

 

先週、「フリー素材の世界で活躍する「あの人達」について」という

 

ブログを書きました。

 

今回はその第2段です。

 

というのも、前回の記事を書いた後に気が付いたのですが、女性のモデルさんの事しか紹介していなく、男性編もかかねば…!!

 

というわけで、この記事を執筆する事に至りました。

 

早速、私が”一番”おすすめする男性フリー素材モデルはこの方です。

 

 

皆さん、この方を見たことはありますでしょうか?

 

自称「日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデル」

 

大川竜也さんです。

 

私がおすすめする理由と致しましては、他のモデルさんと比べて表情が豊富で、素材数も圧倒的に多く非常に利用しやすいからです。

 

どのテーマのホームぺージにも素材としてハマるのではないかと思います。

 

 

 

 

続きまして、この方です。

 

 

この「ズバッと指摘するサラリーマン」は、段田隼人さん。

 

このモデルさんをオススメする理由と致しましては、”顔”の表現力が幅広いという点です。

 

 

上であげた素材は「怖い」というイメージがあると思いますが、この写真はどうでしょう?

 

 

一気に「面白い」というイメージに変わりました。

 

色々な表情をするモデルさんはたくさんいますが、ここまで”振り幅”が広いモデルさんはそういないです。

 

ビジネス系のバナーなどに利用したいですね。

 

 

 

上でご紹介した2名のフリー素材モデルの男性は前回同様、「ぱくたそ」というフリー素材を配布しているWEBサイトで活動されております。

 

男性・女性ともに種類が豊富な素材が多く、素材自体のクオリティが高いのでオススメです。

 

 

 

 

ここからは番外編ですが、子供・動物のモデルさんもいます。

 

こちらも、「ぱくたそ」で活動されている”ゆうき”さん

 

とても良い表情をしていますね。

 

 

 

そして動物の素材

画質が綺麗なのはもちろんですが、撮影の難しい動物の素材までフリー素材として用意してあるのは非常に有難いですね。

 

 

「ぱくたそ」

みなさん、ぜひ使ってみてください。


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


工務店のWEB集客とチラシ集客を結ぶ「QRコード」作成のコツ

こんにちは、web制作担当の山居です。

今回は工務店様や住宅会社様におけるWEB集客とチラシ集客を結ぶ「QRコード」作成のコツを伝授します。

 

 

御社ではWEBからの集客(WEB集客)とチラシからの集客(チラシ集客)を別々に考えていませんか?

もちろんそれぞれの費用対効果を測定する上では別々に考える必要もありますが、WEB集客とチラシ集客を組み合わせてことさらに成果が出るのです。

 

 

 

WEB集客とチラシ集客を結ぶ鍵「QRコード」

 

御社の完成見学会やイベントのチラシには「QRコード」は入っていますか?

実はWEB集客とチラシ集客を結ぶ鍵はこの「QRコード」なのです。

 

では、完成見学会のチラシを受け取ったお客様の行動を考えてみましょう。ポスティングでもDMでも完成見学会のチラシがあるお客様のもとに届いたとします。なかなか良さそうな見学会じゃないか!ちょうど今週末は予定も入ってないし、行ってみようかなと思った時、どうやって予約を入れたらいいのでしょうか?

 

第一に電話があります。ただ、電話は移動中にはかけにくいし、いちいち説明するのもめんどくさいと思ったりします。他にもFAXという方法がありますが、気軽さに欠けますし、一般的ではありません。メールも同じく件名や内容をお客様に記載してもらう必要があるので、チラシにメールアドレスだけが書いてあるのも親切だとは言えません。

 

そこで活用すべきなのが「QRコード」です。「QRコード」とは、1994年に株式会社デンソーが開発した二次元コードです。日本で開発されたこともあり、当初はガラパゴス化された日本における携帯電話の象徴機能の一つでした。iPhoneで「QRコード」を読み取るには読み取りアプリを入れなければならず、便利なツールであるにも関わらず、統一されていない規格から使いやすさが半減していたのも事実です。しかし、iOS11からiPhoneの標準カメラを「QRコード」にかざすだけで、Safariが読み取る機能が追加されました。これにより、スマホにおける「QRコード」の読み取りが格段に使いやすくなったのです。

 

御社のチラシが届いたときにお客様である20代後半から30代の方は確実にスマホを使っています。そして、何でもスマホで調べ、何でもスマホで完結しようとします。その時に御社の完成見学会チラシに「QRコード」が貼っておらず、スマホからの予約申込みができなかったらどうでしょうか?20代後半から30代のお客様はそれでも電話で申し込んでくれるでしょうか?お客様のことを考え、少しでもわかりやすくしようとしたら、チラシ集客から「QRコード」、そしてWEBという流れは切っても切り離せないものになるのです。

 

 

 

チラシの効果を計るための「QRコード」

 

ここまでの話を読んで頂いた方は「QRコード」ってどうやって作ればいいの?という疑問が出てくるでしょう。

答えは簡単です。「QRコード」を簡単に作成してくれるサイトがあります。

 

こちらQRのススメというサイトのURLの枠に「QRコード」を作りたいWEBページのURLを貼って作成するを押すだけです。どうです?簡単でしょ?他にもQRコード作成サイトはいくつかありますので、使いやすいサイトを見つけてみてください。

 

QRのススメ:https://qr.quel.jp/form_bsc_url.php

 

そして、実は「QRコード」にある細工を付け加えるだけで、チラシ集客の効果を測定することが可能になります。それがこれ

 

https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/

 

ここでURLを作り、それを「QRコード」化するだけで、GoogleAnalyticsでカウントできるようになります。巻いたチラシの「QRコード」が何回読み込まれたかを測定できるので、チラシ集客の戦略にもWEB集客の戦略にも役に立つはずです。

 

 

 

オリジナルの「QRコード」を作ってみよう!

 

ここからはオリジナルの「QRコード」の作り方をご紹介します。「QRコード」に自社のロゴを入れ込んだり、オリジナルの「QRコード」を作ることができます。それがこちらのサイトです。

 

https://www.unitag.io/qrcode

 

こちらのサイトを利用すると、「QRコード」の色を変えたり、「QRコード」に自社のロゴを入れたりとオリジナルの「QRコード」を作成することができ、チラシに載せる時にもちょっとしたアピールになるはずです。

※「QRコード」を加工した場合、読み込みができない場合があります。必ず作成した「QRコード」の読み込みテストをしてから、チラシに掲載するようお願いします。

 

 

今回は「QRコード」の便利な使い方をご紹介しました。「QRコード」を名刺に掲載したり、「QRコード」からSNSに誘導したりと使い方はまだまだ多岐に渡っております。「QRコード」を活用し、チラシ集客とWEB集客を成功に導きましょう!

 

弊社ではWEB集客の要、ホームページの無料診断を行っております。御社のホームページの問題点を洗い出し、SEOやスマホ対応、コンテンツ内容などを無料で分析いたします。問題点を確認するだけでも結構ですので、下の「QRコード」を読み込み、スマホからお申込みください。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


工務店・住宅建設会社・建築事務所のInstagram投稿を100サンプル調査してみました

Image-1

 

スタッフブログをお読みいただきありがとうございます。

 

今回は、工務店・住宅建設会社様のInstagramアカウントをサンプルして、どのような投稿をしているのか、

フォロワー数や投稿数の平均等を調べた結果をお伝え致します。

 

尚、今回のサンプリング方法はハッシュタグ検索で「#注文住宅」が記載されている投稿から、人気で

表示される投稿で表示順に100投稿を抽出致しました。

 

Instagramだけでなく、SNS全般に言えることではありますが、当然投稿状況は日々変わっていますので、

この記事を読んだ方がご自身で同様にInstagram投稿サンプルを採取を行った場合、結果が異なると

思われます。この点はご了承下さい。(本記事は6月8日時点のデータです)

(個人の趣味投稿用と思われるアカウントは、弊社の判断で除外しております)

 

Instagramのフォロワー数の多いアカウントはフォロワーが何人くらいいるのか?

では、フォロワー数の上位1~5位を発表します(社名は若干変えております)

 

1位 Lホーム   69,000 フォロワー

2位  Oホーム    14,000 フォロワー

3位 Tハウス   11,000 フォロワー

4位 Aホーム   6,059 フォロワー

5位 Yケンセツ    5,145 フォロワー

 

このような結果となりました。

圧巻なのは1位のLホームはフォロワー数69,000という膨大な数ながら、フォロー数は「0」という事実です。

 

Instagramのフォロワーを増やす方法として、積極的に自分(自社)からフォローするという手段がありますが、

「0」という事ですので、そのような手法は使っておらず、「純粋に情報を発信する側という地位を確立している」とも言えます。

これだけのフォロワー数をどれくらいの期間で、どのように増やしたのか、非常に気になります。

 

尚、サンプリングした100投稿(アカウント数では87)のアカウント毎の平均フォロワー数は2,474となりました。

 

Instagramの投稿数の多いアカウントはどれくらいの数投稿しているのか?

 

投稿数の多いアカウント1位~5位は下記となりました。

 

1位 住宅サイトI  1,503 投稿

2位 T設計事務所   1,230 投稿

3位 Lホーム       1,044 投稿

4位 建築デザイナーY 1,031 投稿

5位 Hハウジング          861 投稿

 

上位5位のみで平均を取ると、平均投稿数は1,000を越えています。1日1投稿だと毎日欠かさずやっても約3年。

週5日投稿で約4年かかる計算です。

 

ちなみに、サンプリングした100社の平均投稿数は291でした。単純に考えると週5日、1日1回投稿を1年以上

継続している事になりますね。

 

 

工務店・住宅建設会社・建築事務所がInstagramに投稿した写真の種類

 

100投稿の写真の種類を多い順に上から並べると下記となりました。

 

1位 外観   20投稿

2位 リビング 16投稿

3位 キッチン 10投稿

4位 玄関    9投稿

5位 吹抜け  6投稿

 

やはり、外観とリビングが多いようです。人気投稿に表示されている写真なので、単純に人気のあるジャンルと

考えて問題無いでしょう。

ちなみに6位は2つのジャンルが同率でしたが、そのうちの一つが「施工現場」でした。これは意外なデータでした。

 

 

Instagramに限らず、SNSは長期的に継続する事がとても大事

 

今回サンプリングした結果からは、人気投稿に出てくるような投稿をしているアカウントの多くは、継続して1年以上

投稿し続けていると思われます。

 

昨年の流行語が「インスタ映え」であった事や、インフルエンサーマーケティングといった言葉がある事からも

わかるように、SNSを利用したマーケティングが非常に注目されています。

このようなマーケティング手法は、売上が何千億以上といった超大手企業だけのものとお考えの方も

いらっしゃるかも知れません。

 

しかしながら今回のサンプリング調査で、あるアカウントには実際にInstagramから「家を建てて欲しい」という

申込の投稿も発見する事ができました。

 

InstagramやSNSを利用したマーケティングは大手だけができる手法ではありません。

むしろ、販促にそこまで多大な予算をかけられない工務店・住宅建設会社こそ積極的に、長い目で続けるべきです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

株式会社チタンのホームページはこちらから


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


【社長ブログ】情報格差の損害額は?

 最近、顧客サービス強化のため、1年間ほど止めていた新規のお客様の受付を再開しました。そのため最近新しいお客様とお話しすることが多くなっています。

 初めてのお客様とお会いすると、経営者として、マーケッターとしていろいろと気づきを頂けるので本当にありがたいです。

 ただ、一つお会いして残念に感じるのは、とても「もったいない!」と感じる会社様が多いことです。これほどネットが発達している現在であっても、皆さん意外なほどWEBについて知識(興味)がない方が多いように感じます。もちろん、いろいろやらなければと考えられているのですが、ただ専門家の目で見るとまだまだです。これをやればすごく経営にプラスになるのになと思う初歩的なこともやっていない会社様が多いようで、非常にもったいないと感じますす。 逆に言うとwebの専門会社として自分たちが当たり前、常識だとかんがえていることが全然常識ではないということが良くわかるので、やはり専門バカになってはいけないなと反省させられます。これからは今まで以上に、どんどんお客様に役に立つ情報を発信していこうと思います。

 さて、ネットで最近、気になったニュースと言えば(いろいろあるのですが)、既に若者の間ではフェースブックが下火になっていることでしょか? 今、盛んにフェースブックに投稿しているのは「おじさん」が多いようです(笑)。

既に女性と若者はインスタグラムなどの別のSNSへ移動しているようです。どうも、ここでも、おじさんが興味を持ちだすと、消費活動のメインユーザーである、女性と若者は逃げていくという法則が発動されたようです(笑)。

 ニュース元の記事を添付しておきます。何故10代の動向が気になるかというと、10年後の消費を引っ張る人たちだからです。

 それでは、皆様、いよいようっとしい梅雨の季節に突入しますが、

体調崩さぬようにお過ごしください(^^)

——————————————————————————————————————

フェイスブック(Facebook)が米国のティーンエージャーの支持を急速に失い、

ライバルに押されているとする調査結果が5月31日、明らかになった。

 調査を行った米調査機関ピュー・ リサーチ・センターは、

フェイスブックがこれまで年齢層別で中核を占めてきた

ティーンエージャーの利用者を急速に減らしたことが示され、

他の調査でも見られた傾向が裏付けられたとしている。

 この調査によると、13~17歳の利用率は

フェイスブックが51%だったのに対し、


●ユーチューブ(YouTube)が85%、

●インスタグラム(Instagram)が72%、

●スナップチャット(Snapchat)が69%だった。

 今回の調査報告書の主執筆者でピュー・ リサーチ・センター研究員の

モニカ・アンダーソン(MonicaAnderson)氏は

「ティーンらのソーシャルメディア環境はほんの3年前とは別物だ」と述べた。

「当時、ティーンのソーシャルメディア利用はほぼフェイスブックが中心だった。

今日では、彼らの習慣は以前ほど単体のプラットフォーム中心ではなくなっている。

同時に、ティーンがかつてないほどデジタルでつながっていることも分かった」

——————————————————————————————————————

 PS.今月より毎月1回、さまざまな分野の専門家を

お招きした自社セミナーを開催いたします。

ご興味ある方は弊社ホームページでご確認ください。

 最後までお読みいただきありがとうございます。 m(_ _)m


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


キラキラ四ツ谷OLの恋するIT入門【オトコの魅力から学ぶWEBサイト】

じめじめした梅雨に入りましたが皆さんいかがお過ごしでしょう?



私は毎日毎日WEBサイトの分析をしてます!(泣)

やっぱり相談に来られる方はどの方も「詳しくはないけどウチのホームページって効果あるのかな?」って気になっているみたいですね。

そりゃ本格的にWEB学んだ人でもないと自分のサイトがどれだけ検索に引っかかりやすかったり、ユーザーに使いやすいサイトかなんて視点で見る機会無いから分かんなくても仕方ないですよね。

人の魅力を探す時は人間みんな全力なのに、WEBサイトだと何見たらいいか分かんないもんですよね。

…という事で今回は「オトコの魅力から学ぶWEBサイト」

さて、じゃあWEBサイトって大体何を見たらいーのー?って話から入らなきゃですね。大きく分けて6つの要素がWEBサイトでは重要になってきます。

①SEO(検索レベル)

②表示速度

③デザイン

④サイトコンテンツ

⑤モバイル対応

⑥問い合わせ



それぞれを「オトコの魅力」に例えて説明しますね。



①SEO(検索レベル)

どんなに良いオトコ(サイト)もそもそも見つける事が出来なければ意味がありません。週末は家に引きこもりで合コンにも遊びにも出かけない引きこもった状態でSNSもしていなければ良いオトコといえど見つけることができません。ハチ名義の時の米津玄師じゃないんですから良いオトコはもっと出てきましょう。



②表示速度

たまーにいるけどなかなかLINEやメールの返事が異様に遅い人いませんか?「ゴメン、寝てた笑」って何日寝るつもりだよ。こっちはもう週末の予定入れてしまったわ!って。

どんなにデザインに凝っていたり内容が良いものを載せていたとしても、検索して、WEBサイトをクリックして表示に時間がかかったらどうします?「めんどくさ、あとで見よ…」ってブラウザをそっと閉じてしまいませんか?だってめんどくさいもん。大体、WEBサイトを開く際に12秒を超えると離脱率が30%まで上がるそうです。つまり、12秒以上表示に時間がかかっているサイトは三割の見込み客を無駄に逃しているということになります。



③デザイン

サイトがイケメンかどうかですね。といっても、顔だけで選んじゃダメなんですが、そもそも相手の「第一印象」って大事ですよね。って話です。サイトも一目見てどんなサイトか、ちゃんとした企業かどうか、自分が探している情報が見つかるかなどが一目で分かるかがイケメンサイトの条件の一つです。



④サイトコンテンツ

顔が出てきた対に、中身ですね。サイトの中身、つまり情報量がしっかりしているかどうかです。写真は充分あるか、文章できちんと説明しているかどうかが重要になってきます。いかにオシャレで格好いいサイトでもどんな商品か、どんな会社か伝わってなかったらユーザーは二度と訪問してきません。



⑤モバイル対応

そもそもデバイスに対応しているかです。どんなにこっちが相手の事を好きになろうとしても、私は四ツ谷OLなんで、相手の興味が丸ノ内のOLだったら相手にしてもらえません。PCにしか対応していないサイトはモバイル非対応だった場合、約7割のユーザーにとって「見にくいサイト」の印象だけ与えてしまうことになります。



⑥問い合わせ

WEBサイトの最終関門。コンバージョンです。ユーザーがサイトを最後に回遊した末に「ちょっと問い合わせをしてみよう…」と思わせる状態が良いサイトですよね。でも、肝心の最後の導入の時の動きが簡素にメールアドレスが書いてあるだけだとか、住所や電話番号、本名を入力するだけのものだったら不安になりますよね?しつこく営業の電話がかかってくるんじゃないか、とか、具体的な質問事項を選択できていないから問い合わせ内容があやふやになってしまうだとか最後の最後に「まぁ…また今度気が向いたら送るか…」と思わせない工夫が必要ですよね。

合コンで知り合った相手がいきなり連絡先を無言で渡してくるのと、坂口健太郎が「ワイン好きなんだよね?今度一緒にワイン美味しい店に行こうよ、また連絡ちょうだい!」と言われて渡される連絡先、どちらが連絡する気になるし怖くないでしょう?

…と、今回はイケてるメンズに例えたWEBサイトですが、結構できていないサイトが診断していて常々思ってしまいますね。特に10年前に作ってそのまんま、みたいなサイトは全然検索に引っかからない状態で放置されていたり、誰も更新していないからどんどん検索順位が下がってしまったりもったいない限りです。

自分の魅力は鏡で確認できますが、WEBサイトは鏡を見ても確認できません。

たまには自分のサイトを確認してみてはいかがでしょうか?

そしてイケてるサイト磨きを一緒にがんばりましょー!

それではまた次回!ばいちゃー


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


配色のお悩み解決 カラーパレット

皆様こんばんは。

小根國です。

 

 

最近は資料を作成するときに画像を挿入しようとして配色に悩んでいます。

 

学生の頃はPowerPointで図形とアニメーションを組み合わせて動画を作成するのが好きだったので、図形を組み合わせて簡単な画像を作るのはとても得意だと思っております。

 

でも、資料の中で統一感のある配色というのが難しく、なかなか進みません。

 

 

以前「和名の色いろ」(http://www.titun.jp/wp/blog03/etc/7399)というタイトルでブログ記事を書きましたが、たくさんの色があると今度は複数色使うときの組み合わせで悩みます。

 

 

軸の一色を決めてもその周りにどんな色を使用するのがいいのか・・・

 

色にもイメージがそれぞれあるのでその効果を引き出しながら作るとなると、慣れていないと難しいです。

 

私はまだまだ慣れておりません。

 

 

こういった時に配色のお手本や、この組み合わせがいいというようなものがあればなと思って探してみました。

 

たくさんありました。

 

今回は自分で配色パターンを作成したり、いろいろな人が作成した配色パターンを検索できる「Adobe Color CC」をご紹介したいと思います。

 

 

こちらは自分が配色を作成できるページです。

https://color.adobe.com/ja/create/color-wheel/

配色のパターンを選択して円の中の軸を移動させると5色の配色を作成してくれます。

ただ私はこちらを使ってもなかなかいいものが分からないので、他の人が作成して投稿してくださっている配色を見ています。

 

それがこちらです。

https://color.adobe.com/ja/explore/?filter=most-popular&time=month

AdobeのIDを持っている人が作成したものが見れます。もし自分が持っていればお気に入り等することもできるみたいです。

私はIDを持っていないので眺めているだけですが。

 

 

資料作成だけでなく、何か色の配色で困ってしまった時はこういったいろいろな配色が載っているサイトや、自分で一色指定して、何色か選んでくれるサイトを活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


情報通信の統計情報を知りたいなら。総務省の「情報通信白書」

皆さまこんばんは。

 

皆さまはタブレット型端末が世の中でどのくらい普及しているか、気になったことはありませんか?

 

スマートフォンの普及率は良くニュースなどで聞くものの、タブレット型端末の普及率について聞くことはなかなかないのではないでしょうか?

 

他にも、ウェアラブル端末の普及率など、世の中で目にはするものの、どの程度普及しているのかわからないものって多いですよね。

 

 

そんな時に参考になるのが総務省の報告書「情報通信白書」です。

 

膨大なデータが集計され、レポートになっており、前述した端末の普及率から世界のスマートフォンOS別インストール台数など、情報通信にまつわるあらゆるデータを確認できます。

 

それではこのデータを引用して、冒頭でお話したタブレット端末の普及率、ウェアラブル端末の普及率などを見ていきましょう。

 

今回情報通信白書から引用するデータはこちらの「情報通信端末の世帯保有率の推移」です。

2016年までのデータとなりますが、回答者数は17000人と信頼できる規模です。

 

2016年時点では

タブレット型端末の普及率は34.4%

ウェアラブル端末の普及率は1.1% でした。

 

タブレット型端末については理論上3人に1人が持っているような結果です。

 

個人的に周りの友人、知人に当てはめると納得できる数字でした。

このリストの中でタブレット型端末と同等に普及しているものはインターネットに接続できる家庭用テレビゲーム機31.4%でした。

端末ごとに普及している年代の違いがある分なかなか同程度とイメージを持っていなかったため、新しい発見でした。

 

 

ウェアラブル端末の普及率に関しては、Apple の Apple Watchなどをはじめ、各企業が新製品を出しているイメージが先行していたので、1.1%の普及率は意外の一言。

2016年の数字だから、というのもあるでしょうか。

 

 

この1つの表を見るだけでも新しい発見が見つかる「情報通信白書」

レポートの量はとても多く、読み切るのは難しいですが、気になる項目だけでも目を通してはいかがでしょうか?


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


企業の広報がSNSで投稿する際に気を付けること

SNS WEBディレクターの秦です。

Facebook/Twitter/Instagram/LINEなどSNSやってますか?

そもそもSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の主な目的は個人間のコミュニケーションにあります。

そんななか、企業として入っていくには、どんな姿勢が大切かをまとめました。

まずは、「企業色を控えめに、広告を意識させない事」が大切です。

そして、「共感が得られるような記事を投稿する事」も必要です。

企業の広報といっても、個人間のコミュニケーションのなかに入る訳ですので、自社の宣伝ばかりしていては良い印象を持たれません。

なので

・タイムリーな話題を交えて投稿する

・自社サービスの利用法などのハウツーを投稿する

・会社の話題を投稿する

・公開して共感を生みそうな話題を探して投稿する


などを心がけると良いです。

広告ではなく広報という意識が重要です。

それと、SNSにもPDCAサイクルを取り入れる事が大切です。

P=PLAN
商品の入荷や季節の話題など、どのタイミングで何に対して情報発信をするのかを決めます。

D=Do
ブログ、SNSの投稿をTwitterのキーワード検索で探し、フォロー投稿をする。またFacebookに「いいね」してくれた人に返答する等をまめに行います。

C=Check
分析して目的の顧客にアプローチ出来ているか?をチェックします。

A=Action
改善点をまとめて次の計画に役立てます。

上記の事を、順番に行い投稿内容を改善していきます。
できれば一人ではなく、複数人で計画を立ててやる事がポイントです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


フリー素材の世界で活躍する「あの人達」について

こんにちは。チタンの鈴木です。

 

今日でぴったり禁煙2週間、寝起きが恐ろしく良い。

 

そして肌が綺麗になった・・・気がします。

 

よく禁煙すると、食べ物の味が美味しく感じると言われておりますが、残念ながらそれは実感出来ませんでした。

 

私はいわゆる「ジャンクフード」と呼ばれているものが大好物であり、基本的に味が濃いものしか食べないので、そもそもの味覚が麻痺しているのかも知れませんね。

 

こちらは「らーめん大」

 

“呪文”は「ヤサイマシニンニクカラメ」

 

めちゃくちゃに美味しいです。このボリュームで650円。

 

皆さんも胃袋の限界に挑戦してみる事をオススメいたします。

 

 

 

 

さて、本題に行きましょう!

 

突然ですが「フリー素材」ってありますよね?

 

無料で自由に利用できる素材として、ホームぺージを制作する上で私もよく利用するのですが、「フリー素材」を利用する上でずっと気になっている事がありました。

 

例えばこの画像。

 

 

ばっちりOK!と手で合図を送る女性

 

色々な所で利用されておりますので、この女性にどこかで見覚えはないでしょうか?

 

そして皆さん、1つお気づきになった事はありませんか?

 

・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・そうです。

 

可愛いという事です。

 

フリー素材を使い始めた当初はなんとも思わなかったのですが、ある時から

 

「この人は誰なんだ・・??」

 

という疑問が強くなっていきました。

 

という訳で私が独自に調査してみました。

 

彼女はフリー素材モデルとして活動されている河村友歌(かわむらゆか)さん。

 

「フリー素材モデル」・・・

 

世の中には本当に、色々な職業があるのですね。

 

 

 

 

もう1人、ご紹介させて下さい。

 

私がイチ押しの「フリー素材モデル」

 

 

この画像は見覚えのある方も多いのではないかと思います。

 

「エンジニアなんだからFAXも直せるでしょ」

 

のバナーで有名ですね。

 

彼女もフリー素材モデルとして活動されているLala*さん。

 

綺麗なモデルさんです。

 

 

今回、調べてみて分かった事は

 

「モデルさんの名前」

「フリー素材専門のモデルがいる」

 

という事でした。

 

上で挙げた2名の女性は「ぱくたそ」というフリー素材を配布しているWEBサイトで活動されており、

他にも大勢のモデルさんがいらっしゃいます。

 

 

種類が多く、素材自体が非常にクオリティが高いので皆さんもぜひ利用してみてください!


┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp