BLOG

チタンSTAFFブログ

5分でわかる!トレンドを一気に知る方法教えます。

2017.10.31 by 小松

ホームページを作って集客して売上を伸ばしたい。

よし、上位検索結果を目指して「SEO」に取り組もう。

キーワードは「◯◯ ◯◯◯」で、1位を狙うぞ!

 

なんて…安直な考えでホームページを考えている方は、

さすがに今の時代にはいらっしゃらないと思われます(^_^;)

 

ただ、さすがにちょっとそのキーワードでは集客にも売上にも

繋がらないと思いますけど~…という方はいらっしゃるようで。

 

この間違いの根本には

お店や商品のことを知っている人が考えているキーワード」

ということがあります。

 

検索するお客様(ユーザー ここではお客様とします)は、知らないこと・知りたいことを検索することを忘れてはいけません。

 

では、今どんなキーワードで検索されているのでしょうか。

今回は間接的ながら、お客様の検索に関する一面を知る情報を書いてみます。

※どちらかと言えば、ブログやお客様との会話に使えるかもしれません。

 

1.トレンドを知る方法

2.Google編

3.Yahoo!編

4.番外編

5.ホームページのキーワードはどうやって調べる?

 

 

 

1.トレンドを知る方法

ほんと昔はテレビやラジオ、新聞、雑誌でしか知ることのできなかった世の中のトレンドですが、今は検索されているキーワードから自分で調べる事ができます。

 

あ、その前に【トレンド】ってなんだよ、ってことになるといけないので、引用にて説明しておきます。

トレンド trend

傾向。趨勢(すうせい)。ファッションの流行や経済変動の動向など。

コトバンクより

 

ついつい業界人といいますか…知ってる人はカタカナ語ばかり使ってしまう傾向がありますけど、これは良くないですよね。

某緑がトレードカラーの政治家もよく使用しています。

よりわかりづらくなっているんですけど…

 

あ、でも日本語でも難しい言葉が出てきた気がしますので、コレも追加で引用しておきます。

 

趨勢 スウセイ

ある方向へと動く勢い。社会などの、全体の流れ。「時代の趨勢」「世の趨勢を見極める」

コトバンクより

 

 

 

おわかりいただけただろうか?

検索キーワードのことなので、ここでは

「みなさん何が気になって検索しているのか」

「それをどんなキーワードで検索しているのか」

ということで見ていこうと思います。

 

今はテレビ番組でも調査に使っていたりするので、一度は目にしたことあるかもしれません。大きく2つありまして、それはGoogleとYahoo!になります。

 

では、それぞれ説明していきましょう。

2.Google編   Googleトレンド

https://trends.google.co.jp/trends/

見ると一目でおわかりいただけると思いますが、1つのキーワードではなくて、同じ事象に対して関連するキーワードでまとめられています。

 

それぞれをクリックすることで、検索の動向や関連記事、関連キーワードの種類とボリュームを見ていくことが出来ます。

 

特に勉強になると思われるのは関連キーワード。

1つのことに対して、様々な側面から検索されていることがわかります。

ホームページ集客のキーワードを考えるとき、いろいろと考えてみる必要があると思いませんか?

 

また左のメニューから

急上昇キーワードを選んで、地域を日本にすると…

2017年10月26日はプロ野球ドラフト会議にみなさん注目していることがわかります。

 

他にもメニューがあるので是非使ってみてください。

個人的には、国別で調べられることが面白いです。ぜひ。

 

3.Yahoo!編  Yahoo!検索データ

https://searchranking.yahoo.co.jp/

 

TOPだと急上昇キーワードピックアップとなるのですが、そこから急上昇ワードを選ぶと上の画像のようになります。

ニュースとしては篠沢教授の訃報がありました。(心よりご冥福をお祈りします)

おそらく、それに関連して2位に「はらたいら」さんの名前があがっているのではないかと考えます。クイズダービー関連でしょうか。(できれば三択の女王の名前もあれば…)

 

複数キーワードが表示されるわけではないのですが、関連キーワード内での順位が一目でおわかりいただけるのではないかと思います。

ここでも、「関連キーワード」が大事ということがわかります。

 

またGoogleトレンドに比べると日本に特化(感想です)しているので、メニューわかりやすくとっつきやすいのではないでしょうか。

気になるキーワードをそれぞれクリックすると、Yahoo!での検索結果が見ることが出来て、記事へのアクセスも早いです。

 

そんな中、知らなかった事実を目の当たりにします。

 

急上昇ワードやデイリーランキングなどはある程度想像つくではないですか。

ニュースだったりテレビ番組だったりイベントなんか…

 

 

じゃあウィークリーとマンスリーランキングはどうなっているのだろう…

細かい所が気になる私の悪い癖(←細かいか?)

クリックしてみました!

 

 

なんだ!

YouTube

Amazon

Googleマップ

 

ちなみに、デイリーランキングで総合選ぶと…同じでした。

 

総合検索3兄弟(強大)

 

そう名付けても良いでしょう、うん。

例えて言うと、検索界の最優サーヴァントですよ。

 

あくまで推測なのですが…

検索されるユーザーの多くが、毎回、観るたびに、商品探すたびに、地図を見るために、

Yahoo!で検索してから始めるというのでしょうか。

 

これモバイル端末の結果も反映されているのかな…

 

ちなみに、アンドロイド端末を使用している自分はアプリを入れています。

「Yahoo!リアルタイム検索ツイッター検索の決定版」

https://promo-search.yahoo.co.jp/realtime/wadainow/

 

他にもいろいろ!これひとつで情報通に!…なれるかもしれません。

 

索ページのSSL化にともない、それまでGoogleアナリティクスで調べることの出来た検索キーワードが見ることが出来なくなりました。

 

 

 

4.番外編

ブログのタイトルなどちょっと言葉をアレンジして使いたい…と思うかどうかは別として、こういった調べ方もあります。

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/?ref=snv_ranking_allbook

 

はい、Amazonのランキングです。

※このURLをコピペするために、Googleで「あまぞん」と検索したことは内緒です。

 

基本的には本の「タイトル」を見ていきます。

ベストセラーなら…まぁ、そこそこの方がご存知だと思いますし。一度は目にしたことが、耳にしたことがあるかもしれません。

ジャンルもいろいろあります。

ターゲットを考えて見ていけばよろしいかと。

 

例えば…ブログタイトルで言えば、

残業をしない勇気」…すでにありそう感たっぷり

「社畜たちはどう生きるか」…ブラック感のクセがすごい

「l984」…もはや意味がわからない ちなみにlは小文字のLです

 

まぁ、知っている人なら少し興味を持ってくれますかね(^_^;)

本当の問題は、何を書いているかなのですが…

 

5.ホームページのキーワードはどうやって調べる?

 

これまでお伝えしたことは、直接ホームページへの集客に関係することではありませんでした。検索ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのか、トレンドはどうやって調べるのか、その簡単な方法でした。

 

正直なところ、以前のように検索キーワードがバッチリわかる!ってのはアナリティクスでは不可能です。

 

しかし、Web集客を行っていく上では情報はあればあるほど良いわけです。自分達が想定しているキーワードの斜め上から検索されているかもしれません。

そこで、自社ホームページがどのような関連キーワードで表示されているのか、クリックされているのか、知る方法を2つお伝えします。

 

自社ホームページの関連キーワードを調べる方法

 

1つめ

Google Search console(旧ウェブマスターツール)で調べる

登録して…と書こうと思いましたが、基本的には必要最低限の設定なので、登録されていない方は、ただちにざんじ登録してください。

運営会社に任せている方は担当者に問い合わせしてください。

別にノウハウとか詰まっているものではないし、誰でもできる設定は誰でも対応出来るわけですし。

アカウントを教えてもらいましょう。

 

ログインしたら左のメニューから

【検索トラフィック】→【検索アナリティクス】

を選ぶと【検索クエリ】が表示されます。

クリック数、表示回数、CTR、掲載順位のメニューを選んで見てください。

 

けっこう以外なキーワードで検索結果に表示されていることも…あります。

 

 

 

  1. 各種Web広告で調べる

 

これは直接知るというよりも、広告の設定したキーワードで検証する、といったほうが正しいかもしれません。

 

そのためにも多くのキーワードを設定しておくことをオススメいたします。

実際、インハウスでされている会社さまは少ないと思われますが、その時は外注会社に…これも聞いてみてください。

コンバージョンに関わる重大なキーワードが見つかることでしょう。

 

 

もし、クリックされているのにコンバージョンしていない広告があったとしたら…

それはページ(ホームページ)に問題があると言っても過言ではありません。

ただちに改善するようにしましょう。

※評価についてはそれぞれの指標になるでしょう。

 

 

最後に

 

“knowledge is power”   フランシス・ベーコン

 

「知識(知ること)は力なり」ってことで、

トレンド・検索キーワードについて少しでも得ることがあったのなら幸いです。

 

ちなみに10月31日のYahoo!での急上昇キーワードを載せてきます。

毎日変わるんですよね。

 

┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


カテゴリー: SEO, SNS, その他  
2020年10月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Our SERVICE

サービス紹介

工務店のWEB集客なら、制作から運用まで一括で承ります。

HP FreeDiagnosis

ホームページ無料診断