BLOG

チタンSTAFFブログ

黄色系の色は本当に目立つのか?

2017.03.10 by takashima

みなさん今日は Takashima です。

今回は目立つ色とされる『黄色系』のお話です。

 

さて、みなさん、目立つ色と言ったら『黄色』、いえいえ『赤』でしょ!など

意見は色々ですよね。

 

まずは「可視光」で考えた場合『紫』側の波長は短く、『青』『緑』『黄』『橙』『赤』に行くにしたがって波長が長くなります。

で、波長が長いほど離れたところからの識別がしやすくなります。

 

「でしょ!やっぱり『赤』ですよね♪」

 

と、なるのですが、、、実際『赤』を遠くから見るとそれほど認識しやすい訳でないのですよ。(みなさんも経験有るはずです。)

 

では何故、『赤』がそれほどでもないのか???

 

色には『色相』『明度』『彩度』とありまして、『赤』は『明度』で言うと「暗い」『黒』に近い色なるのです。

 

モノクロで考えた場合「暗い」『黒』より「明るい」『白』の方が目立ちますよね。

そう考えていくと、『色相』で波長も長く、『明度』で明るい色となると、

 

そうです、『黄』『橙』となる訳です。

 

普段の生活の中で思い浮かべても「そう言えば、、、あ~あるあるって」納得できますね!

 

例えば、小学生の登校時の『黄色い帽子』『ランドセルの黄色いカバー』『黄色い傘』『雨の時の長靴』etc. (今はいろんな色になってますけど)

ちゃんと科学的であったわけですね。

 

自分も仕事で、印刷物やホームページの目立たせたい所にもよく使用してます。

 

最後になりますが、『色』は単色では生活の中にあるわけでなく、他の色との配色で成り立ちます。

目立つ『黄色系』だからと言ってそればかりを集めても目立たない訳です(笑)

 

ではまた

 

┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


カテゴリー: Web, その他, マーケティング, 雑学、トリビア、豆知識  タグ:, , , , , ,
2020年1月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Our SERVICE

サービス紹介

工務店のWEB集客なら、制作から運用まで一括で承ります。

HP FreeDiagnosis

ホームページ無料診断