BLOG

チタンSTAFFブログ

【祝!永世七冠】将棋界の伝説・羽生善治の名言

2017.12.13 by yamai

こんにちは、web制作担当の山居です。

前回は「カイジの名言」を記事にしましたが、今回も名言シリーズです。

今回の名言は先日、永世7冠という前人未到の金字塔を建てられた将棋界の伝説・羽生善治さんの名言をご紹介します。

 

 

その前に簡単にではありますが、羽生善治さんがどれだけ凄いのかを簡単にご紹介します。

 

 

恐怖の赤ヘル少年

 

天才棋士と呼ばれるくらいですから、小学生の頃から羽生さんは将棋が強かったのは当たり前なのですが、大会に出るときは広島カープの帽子をかぶって出ていたそうです。

というのも、大勢の子ども達がいる中で目立つという理由から親御さんがかぶせていたみたいですが、周囲からすると将棋のめっぽう強い赤ヘルの少年がいて、恐怖の赤ヘル少年と恐れられていたそうです。

 

 

中学生プロ棋士に

 

その後は、史上3人目の「中学生プロ棋士」になります。2017年12月現在、中学生でプロ棋士になったのは、ひふみんこと加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明、藤井聡太の5人だけです。長い将棋界の歴史を見ても、この5人しかいないんですね。そして、藤井さん以外はタイトル獲得履歴があるという凄い棋士達ですし、藤井さんもいずれタイトルを獲得するでしょう。

 

 

25歳で7冠達成

 

羽生さんは中学生で棋士になった後、19歳の時に当時の最年少記録でタイトル奪取に成功します(初タイトルは竜王)。そして当時は大きく報道された25歳での7冠独占。
当時の将棋界には竜王・名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖の7タイトルがあり、それを史上初の一人で独占する状態になったのです。

 

 

常に第一線で活躍し続ける

 

7冠を独占した後は一時期は1冠まで落ちましたが、常に何かしらのタイトルを保持し続け、その後も長きにわたって将棋界をリードし続けてきました。そんな羽生さんが先日、前人未到の大記録を達成することになったのです。

 

 

前人未到の大記録!永世7冠達成!

 

先ほどご紹介した将棋界の7つのタイトル(竜王・名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖)には永世称号というものがあります。永世称号とは、連続または通算して規定の回数タイトルを保持した棋士に与えられる称号です。原則として引退後に名乗るのが一般的です。それぞれのタイトルで永世称号に必要な条件は以下の通りです。

 

永世竜王・・・連続5期または通算7期

永世名人・・・通算5期

永世王位・・・連続5期または通算10期

名誉王座・・・連続5期または通算10期

永世棋王・・・連続5期

永世王将・・・通算10期

永世棋聖・・・通算5期

 

以上の条件を満たすとそれぞれのタイトルで永世称号ということになるのですが、今回の羽生さんはこの7つの条件を全部満たし、7つのタイトルで永世称号を手に入れたことで「永世7冠」となったわけです。

 

 

次なる金字塔タイトル通算100期へ

 

羽生さんには次なる大きな期待がかかります。それはタイトル獲得数の通算が現在99。来年に100期になることが期待されています。棋士は1つタイトルを獲得するだけでも難しいといわれている世界で羽生さんだけで99ですから、いかに第一線で走り続けてきたかという一つの証でもあるでしょう。

 

 

羽生善治の名言

 

最後にビジネスにも通ずる羽生善治さんの名言をご紹介します。

 

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、
誰でも必ず挑戦するだろう。

報われないかもしれないところで、
同じ情熱、気力、モチベーションをもって
継続しているのは非常に大変なことであり、

私は、それこそが才能だと思っている。

(羽生善治)

 

いやー深いですよね。僕はこの言葉が大好きです。

だけど、これを実践するのって難しい。

この言葉通りに実践されたからこそ、今回の大記録もあるんですね。

 

勝ち負けには、
もちろんこだわるんですが、
大切なのは過程です。

結果だけなら、
ジャンケンでいい。

(羽生善治)

 

結果にこだわりながら、過程を大切にする。結果か過程かの二者択一ではなく、両方を尊重する中で過程を大切にするからこそ、結果が出せるのだと思います。

 

遠回りしながらも、
もがいて身につけたものの方が、
簡単に得たものよりも
後々まで役立ちます。

(羽生善治)

 

スキルを身につけるときも苦しんだほうが良いということですね。簡単にできなくても、上手くいかなくても諦めないよう背中を押してくれる言葉です。

 

ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、
一回でも実践してみると、
頭の中だけで考えていたことの
何倍もの「学び」がある。

(羽生善治)

 

そうですね。実践したことの説得力、経験値というのは何倍も違います。何事にもトライする姿勢を持ち続けたいですね。

以上が羽生善治さんの名言でした。まだまだ沢山あります。これはほんの一部です。気になる方は自分の好きな名言を見つけてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────

■チタンfacebook『Web制作・集客|株式会社チタン』
https://www.facebook.com/titun.jp


カテゴリー: 雑学、トリビア、豆知識  タグ:, ,
2020年10月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Our SERVICE

サービス紹介

工務店のWEB集客なら、制作から運用まで一括で承ります。

HP FreeDiagnosis

ホームページ無料診断