BLOG

工務店Web集客ブログ

サイトマップをGoogleへお知らせ

新規に公開したWebサイトにGoogleのロボット(クローラー)を呼び込むために、XLMサイトマップを作る必要があります。

Googleのロボット(クローラー)は基本的にリンクを頼りに巡回していますが、こちらから働きかけることで優先的に回ってもらうことができます。

 

││Webサイト公開に必要な2種類のサイトマップ

サイトマップの作成とGoogleへの通知

サイトマップには3種類あります。

・Webサイト構築のためのサイトマップ

・ユーザー向けのサイトマップ

・SEOのためのサイトマップ 

です。

この中で、“Webサイト構築のためのサイトマップ”は、どんなWebサイトを作るかのアイディア出しや整理のために使います。

一方、Webサイト公開の時に必要なサイトマップは、次の2つになります。

・ユーザー向けのサイトマップ

・SEOのためのサイトマップ

“ユーザー向けのサイトマップ”は、Webサイト上に公開してユーザーに対してWebサイトの全体構成や内容を伝えるためのものです。

次に、“SEOのためのサイトマップ”は、検索ロボット(クローラー)に対してWebサイトの全体構成や内容を伝えるためのもので、「XMLサイトマップ」と呼ばれています。

新規Webサイトを立ち上げる際は、ユーザー向けサイトマップと、検索エンジン向けのサイトマップの2種類を用意します。

 

││XMLサイトマップを使ってGoogleロボットの巡回を促す

サイトマップの作成とGoogleへの通知

XMLサイトマップは、検索エンジンに対して、サイト内のすべてのページを通知するために設置します。

Webサイトを立ち上げたばかりのときは、Googleのロボットがすぐに回ってきてくれるとは限りません。

Googleのロボットは通常リンクをたどってWebサイトを巡回しますが、新規のWebサイトの場合はどこからもリンクが張られていない場合が多く、初めての巡回までに時間がかかります。

したがって、少しでも早くGoogleのロボットに巡回してもらうために、新しいWebサイトができたことを通知する必要があるのです。

XMLサイトマップをGoogleに送信することで、Googleのロボットの巡回を早める効果があるのです。

 

XMLサイトマップの作成と登録

XMLサイトマップを作る際は、インターネット上の自動作成ツールなどのサービスを利用するか、Webサイト制作会社に作成を依頼することをおススメします。

XMLサイトマップをGoogleに通知する際は、『Googleサーチコンソール』を使って次の手順でXMLサイトマップをアップします。

1.Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の左メニューの「クロール」>「サイトマップ」 をクリック

2.画面右上の「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリック

3.XMLサイトマップのURLを入力

4.送信ボタンをクリック

ちなみに、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)は、Googleが提供しているウェブマスター向けの無料ツールです。

 

││新規ページはFetch as Googleでいち早く巡回

サイトマップの作成とGoogleへの通知

新規作成したページをGoogleのロボットに通知して、いち早く巡回してもらうための方法として、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の『Fetch as Google』という機能があります。

1.Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の左メニューの「クロール」>「Fetch as Google」をクリック

2.クロールしてほしいページのURLを入力します。「PC」か「モバイル:スマートフォン」を選ぶことができます。

クロールして欲しい方を選択。

3.「取得」ボタンをクリック

※リクエストが正常にできると、ステータスが「完了」になります。

「インデックス登録をリクエスト」のボタンをクリックします。

4.「送信方法の選択」が画面が表示されたら、『私はロボットではありません』にチェックをします。

通常は「このURLのみをクロールする」にチェックを入れて送信します。

月に500件までのリクエストを行うことができます。

 

リクエストを送ったURLから直接リンクを張った複数のページも同時にクロールしてほしい場合は、「このURLと直接リンクをクロールする」を選択します。

こちらは、月に10件までしかリクエストを送ることができませんので、使い分けを考える必要があります。

 

「Fetch as Google」を使うのは新規ページを作成した時だけではなく、既存のページを改善した際にも使えます。

既存ページのタグを修正したり、本文をリライト/追加した場合などにも活用して、クローラーの巡回を促進することが可能です。

 

ホームページの集客が落ちてきているなら、「ホームページ無料診断」をご利用ください。

お申込みはこちら

 


カテゴリー: 工務店のSEO  
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Our SERVICE

サービス紹介

工務店のWEB集客なら、制作から運用まで一括で承ります。

HP FreeDiagnosis

ホームページ無料診断