BLOG

工務店Web集客ブログ

トップページに記載するべきコンテンツ

Webサイトへの入口となるトップページは、サイトの顔ともいうべき存在です。

ホームページに訪れたユーザーの第一印象を左右するページでもありますので、見た目を美しく整えることも大切ですが、SEOを意識した内容とすることも忘れてはいけません。

 

││トップページで狙うキーワードを意識する

トップページに記載すべきコンテンツ

基本的に、訪問者数が最も多いのがトップページです。

玄関・入口の役割も果たしますので、トップページには力が入ります。

デザイン的にかっこよく作りたい気持ちもわかりますが、SEOの観点で重要なのはキーワードです。

トップページで狙うキーワードを意識した作りにしなければなりません。

トップページで狙うキーワードを何にするか?

Webサイトの制作、デザインを外注する場合でも、メインのキーワードが何かを制作会社に必ず伝えなければなりません。

 

││画像だけでなくテキストを盛り込む

トップページに記載するべきコンテンツ

トップページは、Webサイトの顔です。

見た目のデザインを重視するあまり、大きな画像、動画、バナーだらけになってしまうケースもあります。

「文章でごちゃごちゃ書きこむのは、デザイン的に美しくない」

「スタイリッシュではない」

「ダサい」

などと思われるかもしれません。

しかし、Googleのロボットは、画像や動画よりもテキストを重点的に拾っていきます。

テキストでの表記も入れなければ、SEO的には意味のないページになりかねません。

 

││初めての訪問者に伝えるべきメッセージを厳選する

トップページに記載するべきコンテンツ

たくさんの商品、サービスを扱っているWebサイトの場合、「たくさんの種類のものを扱っている」「何でもできる」ということをアピールしてしまって、逆に「いったい何屋さんなのか?」が伝わらない場合があります。

ユーザーは、「自分が探しているものがあるか?」「自分は対応してもらえるのか?」と、不安になり、別のWebサイトに移動してしまいます。

せっかく初訪問してくれたお客様を逃がしてしまうのは、Webサイトにとってもったいないことです。

リピーターはファンになって再訪問してくれているので、そのWebサイトがどんなものを扱っていて、どのページに行けばいいか知っていますが、初訪問者は違います。

初訪問の方に「あなたの困りごとは、ここで解決できますよ」というメッセージをわかるやすく伝えることが大切なのです。

 

││事例:メッセージを「具体的なひとつ」に絞る勇気

富士通コンピューターテクノロジーズのトップページを見ると、同社はさまざまなサービスを扱っていますが、トップページでは主力サービスである「組み込みシステム開発」をメインに打ち出しています。

トップページに記載するべきコンテンツ

ファーストビューで見える範囲に以下の文章(テキスト)を掲載して、「組み込みシステム開発のエキスパート」であることを伝えています。

<トップページテキスト>

富士通コンピュータテクノロジーズ(FCT)は、創業から30年以上、組込み開発一筋にその技術力を高めてきました。センサー端末などの超小型機器から、スーパーコンピュータに代表される高品質・高性能システムまで、多種多様な製品の組込みシステム開発を手掛けています。

 

検索から初めて訪問してくれた人に対して「こんなサービスを提供しますよ」ということをトップページの上のほうで語ることによって離脱を防ぎ、Webサイトの奥へ、さらに奥へと誘導することができるのです。

複数のサービスをもっている企業が、トップページでひとつのサービスに絞り込んだメッセージを打ち出すことは、ある意味、勇気ある決断だといえます。

 

││リンクされるときのことを考慮する

トップページに記載するべきコンテンツ

被リンク(他のWebサイトからリンクを張ってもらうこと)もSEOの重要な要素です。

リンクされるときに、「自分のWebサイトがどんなリンクを張られるか」を考えることも必要です。

たとえば、「TITUNプランニング」というWebサイト名だった場合、その名前だけでは、何をしている会社だかわかりません。

他のWebサイトからリンクされていたとしても、「TITUNプランニングはこちら」をクリックしないでしょう。

ところが、「〇〇市の注文住宅ならTITUNプランニング」と書いてあれば、〇〇市で家を建てようとしている方のクリックを得て「TITUNプランニング」への訪問が見込めます。

リンクを張ってもらうときには、こちらの書き方でリンクを張ったほうが、アクセス数の向上につながる可能性が高まります。

SEOの観点でも、キーワードを含んだ言葉でリンクしてもらうほうが効果的になります。

さらに、他社のWebサイトがSEOに関連したWebサイトであれば、さらに効果が高まります。

<リンクを張ってもらうには>

「TITUNプランニング」だけでなく、「〇〇市の注文住宅ならTITUNプランニング」のリンクを張ってもらうためには、Webサイト名を書くときに、いちいち「〇〇市の注文住宅ならTITUNプランニング」と書いておくことです。

タイトルタグも「〇〇市の注文住宅ならTITUNプランニング」と書いておくことも有効です。

リンクを張ろうとする人は、Webサイトの中から「〇〇市の注文住宅ならTITUNプランニング」の言葉をコピー&ペーストする確率が高いからです。

つまり、Webサイトの目立つところにテキストで「〇〇市の注文住宅ならTITUNプランニング」と記述しておけばよいのです。

ユーザーに対して「自社が何を専門としている会社なのか」を日本語でわかりやすく記述しておくことをおススメします。

 

││受付案内として、下層ページの内容を伝える

トップページに記載するべきコンテンツ

トップページはWebサイトの入口です。

トップページから次のページ、次のページへと回遊してもらうための受付案内の役割も果たしています。

トップページのメイン商品、サービスをわかりやすく目立つように表記したら、下層ページへのリンクを作っていきます。

Googleのロボットは基本的にトップページから第2階層、第3階層、第4階層とWebサイトの内容を確認していきます。

重要なページは第2階層になるように設計して、トップページからの動線をしっかり入れていきます。

Webサイトに訪問してくれた人が、トップページの上のほうからのリンクで、行きたいところに行けるようなリンク(動線)を付けることも重要です。

 

トップページに記載されているコンテンツは万全ですか?

「無料ホームページ診断」でご確認ください。

ご相談はこちらから

 


カテゴリー: 工務店のSEO  
2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Our SERVICE

サービス紹介

工務店のWEB集客なら、制作から運用まで一括で承ります。

HP FreeDiagnosis

ホームページ無料診断