ブログが大事という理由

20150525

前回、「継続」が大事だとありました。

工務店サイトということで
月曜日は時事ネタ、
水曜日は施工例
金曜日はお客様の声

などと決めてブログを継続的に更新していけば
コンテンツとして良いですよ、と書きました。

今回はその理由の1つをご説明したいと思います。

「コンテンツが大事」と言われている現在、それは間違いないのですが、
では、どのようにしてGoogleはそのサイト(ページ)がしっかりしたコンテンツと
認識しているのでしょうか。

突然ですが、
ここで問題です。
コーヒーについてのコンテンツを作成しようとした場合、
以下のAとBどちらが良いと思われますか?

A:キーワードが「コーヒー」なので、テキスト内のいたるところに
「コーヒー」と入れていく。

B:珈琲やCoffee、モカ、キリマンジャロなど「コーヒー」に関係する
言葉をテキストで入れていく。

…ちょっと簡単でしたね

上記の問いに対しての答えはBになります。
関連する言葉は共起語と呼ばれ、それらを使用することにより、
【このコンテンツは「コーヒー」についてのもの】だと
Googleのクローラー(ウェブ上の文書や画像などを周期的に取得し、
自動的にデータベース化するプログラム)に認識してもらうことが出来るわけです。

ちょっとご説明いたしますと
あくまでクローラーはプログラムなので、人間のように「コーヒー」という文字だけで
飲み物の「コーヒー」を判断できません。そのままだとただの文字列にすぎないのですが
その周りに「コーヒー」の「共起語が存在すれば、文脈から
【このコンテンツは「コーヒー」に関連性の高いものだ】
と判断してもらえるというわけです。

といっても、サイト内にそんなコンテンツをずっと作り続けていくことは、
…難しいですよね。

そこで、ブログとなるわけです。

ブログで書くことによって、様々な共起語も増えていくでしょうし、
なにより継続して書いていくことにより更新頻度が増えます。

これがブログを継続的に更新していくことが良い理由の1点です。
※更新頻度は蛇足でしたが…

┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────


検索連動型広告のキーワード数、どうしてますか?

word01

 

リスティング広告の中で検索エンジンにキーワードを入れた際に

表示される検索連動型広告は、今ではスタンダードな広告となりました。

 

ただ、まだまだいろいろなノウハウがありこれから始める方、

実際に運用されている方の中でも学べば学ぶほどいろいろなことが

見えてくる分野ではないでしょうか。

 

そしてその中の主役である「キーワード」については諸説あり、

特にキーワード登録の数をどのようにするかについて多い方がいい

という話しを目にすることもありますし、耳にすることもあります。

 

皆さんはキーワードの数をどうしていますか?

 

弊社では予算に応じて分野に応じてキーワードの数を決めるように

しています。予算が少ないのにもかかわらず、キーワードを多量に

設定すると管理のコストもかかります。

 

自社の広告の予算、出稿する分野、管理する人のスキルや掛けられる

時間、それらを考慮してキーワードの数も設定する。ただ単に

多量にキーワードを登録するという方法は広告にかけられる予算が

大きくどんなキーワードでも拾いたい企業に向いている手法です。

┏━┓…────────────────────────────────────
┃◇ 住宅会社・工務店・リフォーム会社専門のWEB 集客コンサル / 株式会社チタン
┗━━…────────────────────────────────────